US mini logo | 留学をお考えの方へ | 出願する方へ | 教育機関・企業の方へ |

大学について

体験談

修士課程留学レポート

beo志望動機書(Personal Statemnet)書き方講座を受講され、現在、サセックス大学開発学修士(MA in Development Studies)に留学中の森新樹さんの体験レポートです。サセックス大学留学希望者必読です!

第2回 English Preparation (渡英前の英語準備) & Sussex Orientation Week

こんにちは。森新樹です。秋も深まり大分寒さが増してきましたブライトンから、第2回目のレポートをお届けします。
今回は大学の授業が始まる前のEnglish PreparationとSussex Orientation Weekの二つについてお話したいと思います。

English Preparation (渡英前の英語準備)

渡英前の英語準備は、大きく分けて二つの段階がありました。ひとつは大学院の願書を出願する前、もうひとつは出願した後です。主に、出願前はテストを基本にした全体的な英語の底上げを、出願後は学術的な英語の底上げを図っていました。

サセックス大学に入学するには、大学側が求める英語力(TOEFL CBT 250, TOEFL IBT 100, IELTS 7.0 (each section))を証明する必要があります。その証明のためのテスト勉強を基礎とした全体的な英語の底上げこそ、出願前の英語準備でした。リスニングやリーディングは、単語と文法がしっかりしていれば、多聴と多読によって磨かれていくという考えの下、まずはよく売れている参考書で基礎単語と文法を固めていき、その後はBBCホームページでラジオ放送を聴いたり、Japan timesを読んだりしました。他には、テスト対策として、模擬問題集を買ってきて解いていました。そうやって、英語テストの要求点を超えることだけでなく、全体的な英語の底上げを目指して勉強しました。

次に出願後の英語準備では、大学院の専攻に関連する学術書の読書に軸をおいていました。これは、ロンドンの大学へ交換留学した時の、「授業についていけない時は、わからない専門用語が多い」、という経験からです。そのため、専攻に関する英語の学術書を事前に読むことによって、学術的な英語の専門用語に慣れると考え、専攻である開発学の英語の文献を読んでいました。また、大学院合格後、英語に対するモチベーションが下がっていましたので、「このままじゃアカン!」と思い、英語のテコ入れをするためにTOEICなどのテストを受けていました。テストがあると、「やらなきゃ!」、という気持ちになる人にはオススメの方法です。

語学学校には行きませんでしたが、この二つの段階による英語準備を渡英までしていました。まだまだ英語の面で不足を感じることはありますが、それでも、渡英前の全体的な英語の底上げや関連分野の読書は、現在の大学院生活において自分の力になっていると感じています。

Sussex Orientation Week (留学開始〜サセックスオリエンテーション週間)

2007年9月24日、午後6時頃、ロンドンに到着し、そこからブライトンへ。バスに揺られながら、手にはあまるほどの荷物を、胸には希望と不安を抱え、少しばかり眠りにつきました。そしてブライトンから、多くの人々の助けを借りて、夜10時半過ぎに、ようやくサセックスの寮に辿り着きました。ここでも多くの人に支えられていることを実感しながら、この日からイギリス留学生活が始まりました。

そして、翌日の25日から、落ち着く暇もなく、すでに22日から始まっているオリエンテーションウイークに参加することになりました。この週は、大学の授業が本格的に始まる約10日前から、サセックス大学の新入生を歓迎するとともに、少しでも早く新しい環境に慣れるために、様々なイベントや説明会が新入生のために組まれています。そのイベントや説明会は、海外大学院生のための学生生活説明から、英国の主要銀行口座における開設の説明、クラブやサークルの紹介など、多岐に渡っていました。

その中には、日本人留学生のための説明会もありました。誰しもが抱く留学の目的として、どんな形であれ、自分を磨くことが挙げられると思います。そういった意味でも、人生経験豊かな日本人の方々と出会う機会を頂けたことは、とても刺激的なことでした。「この刺激を、自分を磨く種にしよう」、と思ったことを今でも覚えています。他にも、サセックスハウスにてサセックス大学の学生証を受け取ったり、IDS(開発学研究所)にてIDSの図書館カードや、大学院の授業時間割表を受け取ったりしました。コースに関するオリエンテーションは、IDSは特殊な機関なので、この週間ではなく翌週になるとのことでした。また、この時期は、新しくできた友達と連日連夜パブに繰り出し、イギリス生活に浸っていました。

とにかく何もかもが駆け足で過ぎてゆき、「もしかして地球の回転が速まったのかな」、とさえ、冗談ながら感じるほどでした。そうして、9月30日、日曜日、ブライトンドームで行われた大学の歓迎会をフィナーレとし、サセックスオリエンテーションウイークは慌ただしくも終わりを告げたのでした。