US mini logo | 留学をお考えの方へ | 出願する方へ | 教育機関・企業の方へ |

大学について

体験談

修士課程留学レポート

beo志望動機書(Personal Statemnet)書き方講座を受講され、現在、サセックス大学開発学修士(MA in Development Studies)に留学中の森新樹さんの体験レポートです。サセックス大学留学希望者必読です!

第3回 University(大学全体について)

第一学期が終わり、休む暇もなく課題に追われております森新樹です。
厳しい寒さが身も心も襲う中、あちらこちらに鮮やかに彩られているクリスマスのイルミネーションが心を温めてくれます。

第3回目の今回は、大学全体というテーマに基づき、キャンパスという視点から「大学構内紹介」、学生に欠かせないものという視点から「図書館」、そして、その他という視点から「課外授業」、という、三つのトピックに分けて、私から見た等身大のサセックス大学をお伝えします。

写真1-大学構内・図書館

まず一つ目は、「大学構内紹介」です。
キャンパスは広大で、キャンパス内の寮に住みながら、未だに行っていないところもあるほどです。その大学構内は、校舎や図書館という学業のための施設以外にも様々な施設があります。例えば、大学寮、食堂やパブ、学生組合店(Student Union)が数多くあり、また、郵便局やスポーツジム、公園までもキャンパス内にあります。ほとんどの時間を勉学に費やす大学院生にとって、大学構内でこれだけ揃っているということは非常に助かります。

二つ目は、「図書館」です。
「新樹、また恋人のところに行ってきたの?楽しかった?」
「楽しかったよ。でも、問題は、彼女はいつも何も話してくれない、ってこと。」
このような冗談を友人と言う程、大学院生として欠かせない存在の図書館。実は、サセックス大学キャンパス内には少なくとも二つの図書館があります。ひとつは大学の主要図書館、もうひとつは開発研究所(IDS)の図書館です。

まず主要図書館ですが、3階建てで横幅も広く、コンピューター設備、勉強場所、そして文献も豊富と、図書館の必要要素は揃っています。建物の中心が吹抜けになっていることは、個人的にお気に入りです。
開館時間は、2007年12月15日現在、平日8:45am- 9:30pmなのですが、2008年1月から6月末まで試験的に24時間開館になると、サセックス学生新聞にて発表されていました。
もし、試験段階で問題なく好評ならば、それ以後も継続されるそうです。これは学生にとって非常にうれしいお知らせなのでした。

次にIDSの図書館ですが、正式には British Library for Development Studies (BLDS) といい、英国内随一、開発関連の文献が揃うと言われている図書館です。このBLDSでは、理論という学術的な文献から、ケーススタディという実学的な文献まで揃っており、国際開発に関連する文献を、広く深く、探し出すことができます。開発研究所(IDS)の学生を始め、開発を学ぶ多くの学生がこの図書館 (BLDS) を日々訪れています。

そして三つ目は、「課外学習」です。
サセックス大学には、毎週、学内外からの著名人や教授を招き、講演会や講座が開かれています。その講演会や講座の内容は多岐に渡り、誰でも無料で参加することができます。
その中には、「開発のサセックス」ならではの、サセックス開発講座 (Sussex Development Lectures) というものもありました。その講座内容は、オックスフォード大学経済学教授で、’The Bottom Billion’ の著者である Paul Collier 氏の 「最貧国が最貧国に留まる理由、それに対する対策」 を皮切りに、IDS(開発研究所)の理事 Lawrence Haddad 氏の 「子供の栄養不良に対するドナー側の姿勢」 や、国際NGOである Amnesty International UK の理事 Kate Allen 氏による 「テロリズム、安全保障、国際法に基づく人権」 に至るまで、多岐に渡っていました。このような示唆に富む講演を週替わりで聴くことができ、非常に勉強になりました。
このように、サセックス大学では、質の高い公開講座により、授業以外でも学べ、楽しめる機会が充実しているように感じています。

広大なキャンパス、ニーズを満たす図書館、示唆に富む課外授業。
そのような恵まれた環境の下、勉学や論文作成で目が回りそうになりながら、充実した日々を過ごしています。

写真2