US mini logo | 留学をお考えの方へ | 出願する方へ | 教育機関・企業の方へ |

大学について

体験談

修士課程留学レポート

beo志望動機書(Personal Statemnet)書き方講座を受講され、現在、サセックス大学開発学修士(MA in Development Studies)に留学中の森新樹さんの体験レポートです。サセックス大学留学希望者必読です!

第4回 Students −クラスメートの国籍、職業、年齢など−

こんにちは。森新樹です。第二学期も始まり、ここサセックス大学内の活気が戻ってきました。休暇中課された論文を終えた生徒の顔には安堵の表情と、これからまた新しい学期が始まる引き締まった表情の両面が垣間見られます。

今回はStudents というテーマに基づき、同じ開発研究所(IDS)で学ぶ学生を紹介します。

私が所属する開発学修士 (MA in Development Studies) は、どの修士課程のコースも取れる関係上、クラスメートは各々が取る授業によって変わってきます。そのため、今回は私の視点から見たIDSの修士課程における生徒の特色という形で紹介したいと思います。

第一学期の初めに、参加型開発の第一人者と言われているRobert Chambers による参加型開発手法の勉強会がありました。その勉強会の写真1-クラスメート途中、教室を世界地図と想定して、参加者である生徒が各々の国の位置に立つといったことをしました。 アフリカ(ケニア、南アフリカ、etc)、アジア(インド、スリランカ、ベトナム、etc)、北米(アメリカ、カナダ)、ラテンアメリカ(メキシコ、ブラジル)、ヨーロッパ(イギリス、オランダ、スペイン、etc)・・・と、生徒の国籍は多岐に渡り、この時、IDSは世界の縮図を表しているかのような、生徒による世界地図ができあがりました。

そのような多岐に渡る国籍も、在籍する修士課程によって特色が異なります。また、年齢や男女比などの特色も各々の修士課程で異なるように思います。

まず、Governance and Development(統治と開発)ですが、インドやアフリカを筆頭とした政府関係からの要人が多いように思われます。政府関係の職務で経験を積んだ生徒が多い関係上、年齢層は自然と高くなっています。

次に、Gender and Development (ジェンダーと開発)では、今年度も例年通り、女性が多く、男性は一人という状況です。これは途上国での女性の権利を高める意識が女性に強くあり、男性の意識はまだ別のところにあるという開発における現実を表しているのかもしれません。

そして、Science, Society and Development (科学技術、社会と開発)では、民間セクター、政府機関問わず、アフリカから学びに来ている学生が多いようです。これは、アフリカにおける科学技術という存在が、社会経済開発において十分な可能性を持っているということも関係しているように思います。

また、Participation, Power and Social Change (参加、力関係と社会変化)では、IDSの強みである参加型開発を主として学びます。入学条件に実務経験が2年以上求められることもあり、すでに国連や政府関連、非政府団体(NGO)で働いた様々な国籍の学生がそろっています。

それから、2007年度から始まったPoverty and Development (貧困と開発)では、貧困というテーマを扱う以上、貧困を定義付ける指標や統計、そして経済的方法論が必要になります。そのため、経済開発の要素が強く、他のコースと比較すると、アメリカ人や日本人、カナダ人など経済先進国からの生徒が多く思います。

写真2-クラスメート

最後に、私が所属する Development Studies (開発学)ですが、インド人が多いです。このことは、現在のインドの世界的な台頭と示すと同時に、インド国内を経済的にも社会的にもさらに発展させようという、彼ら彼女らの意志が見えます。またこのコースは上記で述べたように、自由性が高いので、様々な経歴や興味を持っている人がそろっています。

どの修士課程も、国連機関(UNs)、政府関連、国際非政府団体(INGO)で働いた経験を持つ学生は「官僚制や力関係、プロジェクトの運営という実学的な側面」を基礎にして話すのに対し、インターンなどの途上国経験を経てきた経験の浅い学生は「理論などの学術的な側面」を話す傾向がセミナーなどでみられます。

このことは、実務経験がある生徒にとって理論や学術的な側面の重要性を再認識させると共に、経験の浅い生徒にとって、実務経験を聞くことができるという、相互にメリットがあり、良い相乗効果をもたらしています。

このように生徒ひとつとってみても世界における開発の現状や特色を表しているかのようです。そのような異なる特色や開発における興味や取り組み方の違いはあれど、「良い世界のあり方や方法を問う」、といった姿勢はどの生徒も同じ。ここIDSでは誰もが国籍や年齢を超えて、開発論や方法論を真剣に学び勤しんでいます。