US mini logo | 留学をお考えの方へ | 出願する方へ | 教育機関・企業の方へ |

大学について

体験談

サセックス大学で開発学を学ぶ 第8回 夏学期

中山 星来さん

中山 星来さん
留学分類:大学院留学
専攻名:社会開発学 MA in Social Development
留学期間:2010年10月〜2011年9月
beoの留学サポート利用して、現在留学中

世界屈指の開発学研究機関として国際的に高い評価を得ているサセックス大学。卒業生は国際機関やNGOなどで活躍しています。サセックス大学への留学を実現した中山さんに、留学準備の様子について詳しくお聞きしました。

夏学期は5週間しかありません。Methods in Development と Academic Development のクラスを取りました。

Methods in Development

3時間のクラスが週に1回あります。MA in Human Rights, MA in Anthropology of Dev. and Social Transformation, MA in Environment, Development and Policy, MA in Social Development の4つのコースの学生が受講しているため、40人以上いる大きなクラスです。8つのグループに分かれ、プレゼンテーションをします。授業は3時間ですが、プレゼンの準備のための時間が非常に長いです。グループで活動しなければいけないので、まとまりに欠けるとなかなか課題が進みません。どうすればグループの意見をまとめられるか、どういったプレゼンが良いプレゼンなのかなど、授業の内容以外にもクラスメイトからも学ぶことが多いので、規模の大きなクラスですが、とても実践的で面白いです。

snakamaya_Jun11-2.jpg
リフレクションの様子

Academic Development

必修ではありませんが、2時間のクラスを週1回取っています。修士論文のためのsupervisor は学生一人ひとりにいますが、このクラスは、修士論文を書くための技術的なアドバイスをしてくれるので、特に留学生にはうれしいクラスです。大学院で勉強を初めてからすでに何回かエッセイを書いていますが、修士論文はタイトルから重要な要素なのでひと味違います。リサーチの方法、論文の構成方法、タイトル、アウトラインなど、シンプルで簡単そうなことばかりですが、授業に出ている学生と出ていない学生では実際の論文の進め方に差が出ていると強く感じます。英語力に自信があっても、取るべき授業だと思います。

Academic Development の先生と
Academic Developmentの先生と

また、卒業後に日本での就職を考えている学生は、夏学期の授業、課題、修士論文のアウトライン作成、就職活動を同時に進めなければなりません。したがって、大学から提供してもらったサポートはどんどん利用して、タイムマネージメントを効率よくしていくべきだと思いました。