US mini logo | 留学をお考えの方へ | 出願する方へ | 教育機関・企業の方へ |

コース紹介

心理学 Psychology

心理学


サセックス大学心理学部は、イギリスの中でも最大規模を誇り、名高い名声があります。2008年度リサーチ・アセスメント・エクササイズの調査では、76大学の中で12位にランクしており、60%のリサーチにおいて「世界をリード」、95%が「世界的に認められている」との評価を得ました。

学部には、発達臨床心理学や社会的応用心理学、認知・行動神経科学を含む幅広いリサーチエリアを支えるために、すばらしい実験施設が完備されています。約50名の研究生と40名の大学院生がこの学部で成功を収めています。

心理学部概要

人類以外の生物の生態と同様に、人類の経験領域のすべての要素が、心理学で学ぶ範囲として捉えることができるでしょう。 心理学の分野では、グループや組織での行動、子供の発育、心の研究、個の性格、精神病理学、知覚、認知、感情などとても多くの トピックが存在します。心理学を学ぶことで、広範囲の知識と技術が身につき、 卒業後もヘルスサービス・教育・ビジネス業界におけるプロの心理学者として活躍するなど、就業の機会も幅広いものとなります。

心理学コースでは、優れた心理学の基礎知識となる必須科目のほか、とても多くの選択科目を用意しており、学生は自分の興味のある分野について深く学ぶことができます。 4分の3は心理学の核となる必須科目について学び、4分の1の割合で、自分の選択科目について学びます。ですので、授業の4分の3は他の心理学部の学生とともに、 心理学を学ぶ上での基礎となる内容を習得します。選択科目では、哲学や社会学、生物など、心理学と異なる分野や、語学(スペイン語・フランス語) をマイナー科目として学ぶことも可能です。心理学の学位はBritish Psychological Societyから授与され、学士号取得後は専門分野のプロフェッショナル 心理学者として、さらに進学するこが可能となります。

講師の数も40人以上と、心理学部はとても大きな学部です。最終学年で選択する、選択科目(オプション)も多数開講しており、最終学年の学生には 最終研究プロジェクトを進めるため、専任の講師が指導にあたります。2005年には、当学部の講師の一人が、British Psychological Society’s Award を受賞しました。 また、北アメリカやヨーロッパへの短期留学(1学期)を希望する学生には、提携している大学を紹介しています。心理学とアメリカ研究を専攻している学生は、 最終学年を北アメリカで過ごすことも可能です。

心理学コースの施設は大変充実しており、学生の研究に役立っています。また、社会人学生や、北アメリカ・ヨーロッパからの交換留学生など、 様々なバックグラウンドを持つ学生が在籍しています。大学入学前から心理学の知識のある学生を求める大学が多いなか、当校では文科系・科学系の分野を学んだ学生も幅広く 受け入れています。

<卒業後の進路>
マーケットリサーチ、人事関連職、教職・ソーシャルワーク、クリニックやヘルス・教育関連機関でのプロフェッショナル心理学者になるための進学など



> 授業料・学期日程についてはこちら