​ホーム > 大学について > キャンパスと街

our-campus-large.jpeg

キャンパスと街

ロンドンから電車で約1時間、イギリス屈指のリゾート地・ブライトン。海辺にはビーチ、さらに若者や家族向けのお店やレストランも立ち並び、国外からも人気の街です。多くの留学生が、ブライトンのロケーションや治安のよさ、にぎやかな人々と街の雰囲気に魅かれ、理想の留学先として選んでいます。 

キャンパスツアー

サセックス大学の美しい緑のキャンパス内の様子を、ウェブサイトから見ることができます。 
360度のパノラマで、当大学の雰囲気が体験できます。 

  • コンピュータサービス 

  • 研究施設 

  • 学生が集まる広場 

  • 大学寮の学生の部屋 

  • 学生サービス 

  • ブライトンの街 

  • ロンドンへ向かうバスや電車 

学校施設

図書館

サセックス大学の図書館は、メインキャンパスの中心に位置し、週7日利用できます。さらに照明設備やスペースを増やしたり、75万冊の蔵書に加えて年間で約10,000冊の書籍を新たに購入しています。書籍以外にも、雑誌・ビデオ、電子メディアなどの教材も幅広く取り揃えています。 様々な図書サービス ・ 学生1000人が学べる静かな学習スペースと100台のパソコン ・ グループ学習のためのワークルーム ・ 人気書籍のコピーも用意しています。 パソコンのシステムを利用した最新のリーディングリスト ・ キャンパス内の他のパソコンや、自宅のパソコンからアクセスできる図書カタログは大変便利な学習ツールです。

Library.jpeg
 

貴重なコレクション (貯蔵・保管物)

Barlow Collection of Chinese Art:中国からのセラミックやブロンズの作品を保存しており、定期的に一般公開しています。 他にも、German-Jewish Centreでは、膨大な歴史に関する新聞や、記録物の保管、芸術作品の収集・管理も行っています。

IT - 24時間のコンピューティング・サービス

入学後学生は、大学Eメールアドレスの使用および無料でインターネットにアクセスができます。学習の上で必要となるコンピュータスキルなどのコンピュータに関するアドバイスは、電話、オンライン、ヘルプデスクで受けることができます。 また、1年中受けられるトレーニングも開講しています。 

York House と Pevensey のコンピュータルームは24時間利用できます。他にもキャンパス内にパソコンエリアが点在しており、 wordやExcel他様々なアプリケーションを利用し、分析・統計・語学自習に役立てることができます。 ほとんどのパソコンは windows を使用していますが、一部ではMAC、Unix SunRAyターミナルも用意しています。 またCADといった特殊なグラフィック機能を備えた高性能パソコンも利用できます。

語学学習センター Language Learning Centre

当大学のマルチメディア語学学習センターは、すべての学生とスタッフが利用することができます。アラビア語から英語・ズールー語まで、 幅広い言語での教材を取り揃えています:
オーディオ / ビデオ教材や映像・ドキュメンタリー / 7カ国からのサテライトテレビ / ワークシート / 雑誌や新聞 / レベル別読本 / 辞書や文法書などの参照文献など。

  • サテライトテレビ:イギリス・フランス・ドイツ・イタリア・ロシア・スペイン・アメリカ

  • 60言語以上の学習教材

  • デジタルオーディオ、ビデオ、サテライトテレビ、ビデオカセットの利用できる21台のワークステーション

  • コンピュータ語学教材ソフトとインターネットアクセス

  • 12箇所のオーディオカセットワークステーション 

  • 10台のテレビ・ビデオ/DVDワークステーション、数人で同時鑑賞できる施設

  • 映画やドキュメンタリーの主要作品が置かれた大図書館

  • 外国語での新聞・雑誌

  • 授業用のデジタル語学ラボ、データ・ビデオプロジェクター

  • 高品質のオーディオビジュアルが設置された学習室

  • 4人のスタッフによるサポート

  • (外国語)教師と学生のブログ Language Learning Centre blog

ブライトンの街

ブライトンの生活

ブライトンはどこにいても楽しめる街です。イギリス国内で最もエキサイティングな街の一つであるブライトンは少々風変わりな街ともいえます。1年を通して賑わいを見せ、圧倒されるような熱気と生き生きとした雰囲気が感じられる場所です。エキセントリックであり多国籍な環境で、自由になれる感覚が持てるでしょう。しかし一方でブライトン自体、さほど大きくはないサイズですので、道で知り合いや友人に遭遇することも多い街です。一度訪れたら癖になる、帰りたくない、ブライトンはそんな不思議な魅力溢れる場所です。

fee.jpeg
 

ショッピング・パブ

ブライトンはショッピングにも困りません。有名店から小さなブティック、マーケット、多くの本屋があります。新しいものから古着や中古品を販売する店もあり、歩いているだけで楽しめます。パブやバーが200軒以上もありますが、閉店時間を過ぎたらファンキー・ブッダラウンジなどの個性的なクラブへ流れ込むのも良いでしょう。

映画・音楽・舞台芸術

ライブミュージックを楽しむには、The Brighton Centre や the Concorde II が人気のスポットです。多くのパブやクラブでも定期的にライブを催しています。文化的な施設としては、ブライトン・フィルハーモニック・オーケストラの拠点であり復興を果たした Brighton Dome や、世界的に有名なオペラの拠点、グラインドボーン Glyndebourne が数分離れた場所にあります。このようにブライトンは、イギリス南部の文化拠点の一つとなっています。 多様な劇場、映画館、ギャラリーがあり、コメディ、ダンス、コンテンポラリーシアターを1年を通して楽しめます。多くの最新映画の上映はもとより、専用映画館としてはイギリス国内で一番古いDuke of York's cinemaがあることにより熱狂的な映画ファンの心を惹きつけているといえます。もちろん、キャンパス内にあるthe Gardner Arts Centre も忘れてはならないスポットです。ダンスやコンテンポラリーシアター、アバンギャルドやクラシックを含むあらゆるジャンルの映画を上映しています。

ブライトンフェスティバル

毎年5月には、ブライトンフェスティバルが開催されます。このイギリスで最大級を誇るアートフェスティバルは、3週間続く盛大なお祭りです。音楽・ダンス・詩・コメディ・ストリートパフォーマンスなど、アートと呼ばれる様々なジャンルのアートが集結したエキサイティングなフェスティバルを楽しみながら、お腹がすいたらタイ・メキシカン・イタリアン・レバニーズ・中華・フレンチ・インディアンなど、幅広いチョイスのあるレストランへ。

ブライトン郊外

街で遊びつかれたら、海岸沿いを散歩したり、ロイヤル・パビリオンガーデンでのリラックスがおすすめです。イギリスで最も美しい田舎町ともいえるSouth Downs までは、わずか数マイルです。

アクセス

サセックス大学は、イギリス南部ブライトン郊外のFalmerにあります。ロンドンや、ガトウィック・ヒースロー国際空港からのアクセスも大変便利なロケーションです。

キャンパスからブライトンの街へのアクセス

サセックスは、ブライトンの街とルイスの街の中間にあります。大学前には駅、バス停があり、10分間隔で運行するバス・電車を利用して、ブライトンまで簡単にアクセスできます。夜中まで公共のバス・電車を利用できますが、夜中は大学の運行している夜間バスも(30分間隔で運行)利用できます。 

campus_map.jpeg
 
<電車>

最寄り駅 ファルマー駅(Falmer Station) 
ロンドンからはブライトン駅(Brighton)またはルイス駅(Lewes)で 

乗換を含めて、約1時間。 

<大学行きのバス>

25(ブライトン~大学間) 
28, 29, 728, 729 (ブライトン~ファルマー間) 

サセックス大学日本出願窓口 beo

beoはサセックス大学の公式出願窓口機関です。 
コース選びから、出願準備、出願代行、合格後の入学手続きまで、大学の公式な窓口としてサポートを提供しています。 
留学準備のスケジュールや費用などについても、留学カウンセラーがご案内しますので、お気軽にご相談ください。