undergraduate-courses.jpeg

学士課程 

下記の注目のコースをはじめ、さまざまなコースを提供しております。視野を広げ、ご自身の目的に沿ったスキルや経験を身につけましょう。 

大学学部学べる分野

サセックス大学の大学学部コースは、3つの形態から選べます。
 

  • Single honours:専門科目を1つ選択します 

  • Joint Degree:専門科目を2つ選択し、それらの科目を平行して学びます。

  • Majors and minors:専門科目を2つ選び、1つをメジャーとして学び、もう1つをマイナーとして学びます。

accfinNEW-header.jpeg

注目のコース

国際関係学 International Relations

相互依存しつつも激化する今日の世界状況のなかで、様々な時事問題が国際関係の懸念となっています。継続的なグローバリゼーションの影響か非か、 ペルシャ湾やアフガニスタンでの軍の衝突、南北での富と力の不平等、WTO世界貿易機関などの、IMF国際通貨基金、UN国連等の国際機関の活動、このような世界的課題は、現代の人々の日常生活に直に関わる問題です。
国際関係学の学位コースでは、学生が見聞を広め系統立てて考え、ニュースの見出しからの情報をはるかに超え、その問題の背景について深く考える力を養います。

<ポイント>
  • 過去200年に渡りくりひろげられている、世界の社会的・経済的・政治的システムの歴史

  • 世界政治を分析し、その是非について論じている様々な思想家の理念

  • 学生各自が選択したトピックについて理解し、掘り下げて研究する(国際法・世界環境の変化・国際組織・安全保障研究)など

サセックス大学の国際関係学部は毎年約100人の学生が新たに入学しており、イギリス国内でもとても活気のある国際関係学部の1つです。 当学部では、幅広い知識を吸収し、今日の世界政治を理解する力をつけるためにも、歴史・社会理論、政治経済など、国際関係を様々な観点から 研究します。

<卒業後の進路>

国家公務員・EUやUN等の国際機関職員・Oxfam や Save the Children等の非政府団体職員企業やメディア関連職など

 

心理学 Psychology

学部には、発達臨床心理学や社会的応用心理学、認知・行動神経科学を含む幅広いリサーチエリアを支えるために、すばらしい実験施設が完備されています。約50名の研究生と40名の大学院生がこの学部で成功を収めています。

心理学部概要

人類以外の生物の生態と同様に、人類の経験領域のすべての要素が、心理学で学ぶ範囲として捉えることができるでしょう。 心理学の分野では、グループや組織での行動、子供の発育、心の研究、個の性格、精神病理学、知覚、認知、感情などとても多くの トピックが存在します。心理学を学ぶことで、広範囲の知識と技術が身につき、 卒業後もヘルスサービス・教育・ビジネス業界におけるプロの心理学者として活躍するなど、就業の機会も幅広いものとなります。

心理学コースでは、優れた心理学の基礎知識となる必須科目のほか、とても多くの選択科目を用意しており、学生は自分の興味のある分野について深く学ぶことができます。 4分の3は心理学の核となる必須科目について学び、4分の1の割合で、自分の選択科目について学びます。ですので、授業の4分の3は他の心理学部の学生とともに、 心理学を学ぶ上での基礎となる内容を習得します。選択科目では、哲学や社会学、生物など、心理学と異なる分野や、語学(スペイン語・フランス語) をマイナー科目として学ぶことも可能です。心理学の学位はBritish Psychological Societyから授与され、学士号取得後は専門分野のプロフェッショナル 心理学者として、さらに進学するこが可能となります。

講師の数も40人以上と、心理学部はとても大きな学部です。最終学年で選択する、選択科目(オプション)も多数開講しており、最終学年の学生には 最終研究プロジェクトを進めるため、専任の講師が指導にあたります。また、北アメリカやヨーロッパへの短期留学(1学期)を希望する学生には、提携している大学を紹介しています。心理学とアメリカ研究を専攻している学生は、 最終学年を北アメリカで過ごすことも可能です。

心理学コースの施設は大変充実しており、学生の研究に役立っています。また、社会人学生や、北アメリカ・ヨーロッパからの交換留学生など、 様々なバックグラウンドを持つ学生が在籍しています。大学入学前から心理学の知識のある学生を求める大学が多いなか、当校では文科系・科学系の分野を学んだ学生も幅広く 受け入れています。

<卒業後の進路>

マーケットリサーチ、人事関連職、教職・ソーシャルワーク、クリニックやヘルス・教育関連機関でのプロフェッショナル心理学者になるための進学など

 
 

演劇 Drama studies

ポストモダンの世界は、すべてが劇的といえるでしょう。演劇を学ぶことで社会がどのようにしてドラマティックな存在として描かれるか、 実践と理論を通して学び、卒業後多種多様な文化圏で必要となる幅広いスキルを身につけます。

サセックス大学の演劇コースは、1年間の短期留学を含む4年間のコースと、他分野の科目と平行して学ぶ3年間のコースがあります。 少人数教育で個々個々の発達を促しながら、フレキシブルで革新的な学習へのアプローチを行います。演劇とパフォーマンスの理論についてのアカデミックな学習と、ワークショップや演劇のためのライティングとパフォーマンスについてのライティングなどを学べるモジュールの両方を 組み合わせます。映画から英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語劇のクリエイティブライティング、演技やパフォーマンスの理論などの科目を開講しています。

ブライトンとホーブには多くの劇場が存在します。当コースの学生、特に2年生・3年生には様々な形でそれらのプロダクションに積極的に参加することを すすめています。

<卒業後の進路>

大学院進学、役者、テレビ局やアミューズメント分野でのディレクター、舞台マネジメント、講師、PR、出版、プロジェクトマネジメント、宣伝など

主な分野紹介 

  • 人文学部 Humanities

  • 生命科学学部 Life Science

  • 科学技術学部 Science and Technology

  • 社会科学と文化研究 Social Science and Cultural Studies

  • 科学技術政策研究部 Science and Technology Policy Research ? SPRU

  • サセックス・インスティテュート Sussex Institute

  • 医学部 Brighton and Sussex Medical School

サセックス大学日本出願窓口 beo

beoはサセックス大学の公式出願窓口機関です。 
コース選びから、出願準備、出願代行、合格後の入学手続きまで、大学の公式な窓口としてサポートを提供しています。 
留学準備のスケジュールや費用などについても、留学カウンセラーがご案内しますので、お気軽にご相談ください。